7
23
TUE

SNS

新着情報INFORMATION

ごっつぉライターの取材こぼれ話【さど編】

こんにちは!ごっつぉLIFE編集部です。

すてきな人や場所、ものとの出会いやご縁があると、心がワクワクしたり、自分も頑張ろうと思えたり、「あぁいいひとときだったなぁ」なんて振り返ってしまうもの。
思い出に浸る時間もまた楽しいものですよね。

そんなわけで今回から、これまでの取材を振り返る「ごっつぉライターのこぼれ話」がスタートします!

取材のこぼれ話から、登場いただいた方々に聞いた地域のお話、ライターが感じたことなど、つれづれなるままにご紹介しちゃいます。

まずは初回、佐渡エリアのShow by JAWSの岡部健太郎さんから始まったご縁を振り返ってみましょう。

1人目:Show by JAWSの岡部健太郎さん

佐渡市達者の出身で、シーカヤックとSUP(サップ)の体験ツアーを提供する「Show by JAWS(ショーバイジョーズ)」の岡部健太郎(おかべけんたろう)さん。
「達者地域に活気を取り戻したい」と意気込みを語っていただいた岡部さんですが、岡部さんの頭の中では着々と「達者プチリゾート計画」が進んでいるようですよ。
「観光で立ち寄った方々が、一日中達者を楽しめるような、魅力的なコンテンツやお店を増やしていきたいですね。
その活動を通じて、達者という場所が地元の子どもたちにとって誇りになり、地域の未来にも繋げられたらうれしいです」と岡部さん。
岡部さんの話を聞いていると、にぎわいに満ちた達者海岸が思い浮かんできてしまいます。

Show by JAWSの岡部さんおすすめグルメ「四季彩 味よし」

岡部さんからご紹介いただいたのが、両津地区にある和食店「四季彩味よし」です。
佐渡の地魚が主役のメニューが豊富で、昼は定食、夜はお酒と共に一品料理も豊富なお店です。
岡部さんおすすめの「よくばり定食」は盛り良し、味良しで大満足なのですが、私、店主の多田好正(ただよしまさ)さんから聞いた“吊るし熟成寒ブリ”が気になって気になって……。
「12月からだいたい2月の初旬ぐらいまで、脂の乗った寒ブリが取れますね。村上の鮭のように吊るして熟成させるんですが、これが冬の風物詩ですね」と多田さん。

さらに、これからの季節のおすすめを尋ねると「フグ、トビウオ、あとはスルメイカや南蛮エビ、サザエ、アワビが出始めますね。揚げ物や刺身と、その魚の一番おいしい食べ方でお出ししますよ」と教えてくれました!

2人目:北沢窯の其田弘輔さん

続いて岡部さんから紹介していただいたのが、北沢窯の其田弘輔(そのた こうすけ)さん。
伝統ある無名異焼(むみょういやき)を守りながら、新しいことにも挑戦する其田さんですが、アイデアや工夫はどんなことから得ているのか気になりますよね?

「アイデアは父と二人で出し合うことが多いですね。うちの父ね、すごいんですよ。僕が履いてるパンツからデザインがひらめいたり(笑)、父の地元の青森に伝わる伝統的な刺繍「こぎん刺し」をモチーフにしたり。日常使いのお茶碗やカップにそういった遊び心を加えるのが上手いんですよね」と其田さん。

パンツからひらめき!面白いですねぇ(笑)。
周りにある、ありとあらゆるものから発想を得たり、いろんなことを面白がれるかどうか。これって楽しく暮らすために、大切なことだったりするなぁとしみじみ思いました。

3人目:キムチの家の硲 博巳さん

最後にご紹介いただいたのが、キムチの家の硲 博巳(はざま ひろみ)さん。
「最近は「子どもに頼まれて買った」という親御さんも多いですね。SNSでの情報発信で幅広い年代に届いていることを実感します」と硲さん。
そうそう、この話を聞いた後に、たまたまうちの小5の息子から聞いた話なのですが、社会の授業の中で先生が「佐渡といえば、何が思い浮かぶ?」と問いかけたら、お友達が「キムチの家!!」と発言したそうなんです!
ここにもSNSの影響が……!小学生も硲さんが日々配信しているTikTokの動画を見ているのかもしれませんね。

そのお味についても、記事の中で私がどれだけハマったか、熱く語らせていただきました。
あまりにもおいしくて人に薦めたい欲望が止まらず、同じごっつぉライターのAさんにお裾分けしたのですが、Aさんも見事にハマり、ネットで購入したり、佐渡の知り合いの方に買ってきてもらうほど熱中しています(笑)。

取材を終えて

取材終わりに少し寄り道して帰ろうと、岡部さんにおすすめの場所を聞いてみました。
「平根崎(ひらねざき)の波蝕甌穴群(はしょくおうけつぐん)はいかがですか?迫力がありますよ!」と岡部さん。達者海岸から車で10分ほどということで行ってみました!

波蝕甌穴群は、尖閣湾の北部、平根崎海岸の岩盤斜面約500mにわたる無数の丸い穴のこと。海水の渦紋浸食によってできたもので、国の天然記念物にも指定されている他、佐渡ジオパークの見どころの一つになっています。
近寄ってみると、岩盤の真下は海!波音も聞こえて、崖の様子もサスペンスドラマのワンシーンも彷彿させますが、これも何百年と時間をかけてできた佐渡の自然ならではの風景なんですよね。

最後に、忘れてはならないのが、佐渡のお土産。私が両津港のお土産売り場で、いつも購入するラインナップはこちらです!

佐渡バターのクリームサンドクッキーに、佐渡牛乳のカステラ、そして最近発売したばかりの佐渡バターのポテトチップスも買ってみました。
カステラは、この朱鷺のイラストの箱が可愛くてお気に入りです。皆さんのおすすめのお土産もぜひおしえてくださいね!

ではでは、ごっつぉさまでしたー!

【参考情報】
・佐渡ジオパーク
https://sado-geopark.com/

7
23
TUE

SNS

  • X
  • instagram
  • facebook