2022.06.06

イベント

【磐梯町】史跡慧日寺跡ライトアップイベント「月待ちの灯り」6月11日、12日開催!

 慧日寺は、平安時代の初めに南都法相宗の高僧「徳一菩薩」によって開かれた寺院で、東北では開基が明らかな寺院としては最古のものとして知られています。広大な寺跡は昭和45年に国の史跡に指定され、復元整備が進められています。平成20年に金堂と中門が復元。さらに金堂内の展示物として薬師如来坐像が復元制作され、平成30年夏から一般公開されています。

 

史跡慧日寺跡ライトアップイベント「月待ちの灯り」では、約1,000個の灯籠とスポットライトで慧日寺金堂と中門をライトアップ!思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックな空間を生み出します。灯籠には様々なデザインが施され、その模様を見ながら散策するのも楽しみの一つです。
6月11日午後7時30から福島県の重要無形民俗文化財である「磐梯神社の巫女舞」の中から太刀の舞を披露する。少女達が舞う力強くも厳かな古式の舞をライトアップと併せてご覧ください。(入場無料)
また、同期間中は、隣村湯川村の勝常寺境内を薬師如来の背光である瑠璃色にライトアップするコラボレーション企画も実施します。ぜひお越しください。

史跡慧日寺跡ライトアップイベント「月待ちの灯り」についての情報はこちら